興味を持つきっかけ

学校で勉強する科目は色々ありますが、何かしら好きな科目、嫌いな科目ってありますよね。

特に理科、社会は興味を持てるかどうかで成績も変わってきます。興味を持つきっかけは人それぞれですが、私自身の学生時代の話をしますね。

まずはゲーム。信長の野望という歴史シミュレーションゲームなんですが、戦国時代のゲームなので自然と年号や五大老、五奉行、その他武将名を覚えました。そして漫画、これも戦国時代ですが花の慶次はハマりました。

歴史はつながりがあるので、その後江戸時代にどう関係していったかなど興味を持てました。

NHKの大河ドラマで幕末、明治維新に興味を持って調べたり、歴史が苦手な人はゲーム、漫画、動画はオススメです。

テレビ番組で東大生がオススメする勉強に役立つ漫画で取り上げられていた「はたらく細胞」も理科の知識が頭に入ります。

この秋ドラマ化もされる、中学受験をテーマにした「2月の勝者」は教える立場からも参考になりました。

漫画やゲーム、動画から得られる知識も多いので勉強嫌いな人は参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です