1.01の法則

ある卒業生の話です。

彼は中学時代、野球バカといえるほど熱中していて勉強はそっちのけでした・・・
そんな彼が中体連終了後、目標を富士高に決めました。
富士高というより
富士高で野球をやりたい!
という目標です。

それからの彼の努力はスゴイものがありました。
通常授業が終わっても帰らない…夜11時いや12時まで塾でやっていくのです。
もちろん授業のない日も同様です。

そんな彼がグングン伸びていくのは当たり前。
富士高にあと一歩という所までやってきました。
最後の追い込みは冬から2月にかけてです。
こちらが渡す問題集やプリント類を解きまくり、
見事、合格を勝ち取りました。

そんな彼が高1の時、中学3年生に生に向けた言葉これでした。

『野球が好きだからこそ、勉強も楽しく続けられた。
同じ目標に向かう仲間がいたから頑張れた。
今日はここまでがんばった~その後にもう5個計算問題を解く。
自分の力が1だとしたら、普段より少しだけがんばる。
それだけを考えて勉強してきました。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です