誰のために勉強するの?

【人のためは自分のため】
何をやってもうまくいかずに、空回りしていると感じることはありませんか。実力もあり、努力もしているのに結果が出ない。ではあなたに聞きます。あなたは、自分のために頑張っていませんか?自分のためにやれば、自分のためになると思いがちですが、じつは、人のためを優先させるほうが、はるかに自分のためになり、結果的にも自分のためになるのです。人のために何かをやるという発想は、自分のためだけに行動するより、物事をうまく運んでくれるのです。自分のためだけで考えると、責任感も義務感も少なく意識レベルがすぐに落ちてしまいます。自分ひとりが食べる料理を作るより、誰かに食べてもらえるとき、料理に熱がこもることと同じなのです。あなたのもっている能力や才能は、あなた一人のものではなく、大勢のものです。その実力をあなただけのためではなく、人のために使っていきましょう。
↑これは数年前にシェアした文です。
今でも塾生によく話しますが、

↑これは数年前にシェアした文です。勉強も同じですね
「今努力していることは、近い未来、知り合う友人のため、同僚のため、社会のため、そしてあなたを必要としている人に出会うため社会のため」になるんだよとよく生徒に話します。
夏休みも後半戦、がんばっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

mRNAワクチン