令和3年度最初の月例テストを終えて

4月3日(土)令和3年度最初の月例テストを小学部の生徒を対象に行いました。

新小6年生にとっては昨年度に引き続き4教科(国語・算数・理科・社会)受験だったので慣れた感じでサクサクと問題に取り組んでいるようでした。(まあ私が見る限りなので生徒自身は違う感情を抱いているのかも(笑))。

新小5年生にとっては初めての4教科受験となりました。今までより試験会場に拘束(笑)される時間が長くなったので初回となる今回は大変だったでしょう。でも徐々に慣れていって欲しいものですね。

新小4年生にとっては何もかもが初めての体験だったのでいろいろ疲れたことでしょう。でもこの1年の中で11か月に及ぶマラソンとでも言うべき月例テストの醍醐味を存分に味わってほしいものですね。

学年によって月例テストに対する思いはさまざまでしょうが「志望校にむけて頑張る!」という点では一致しているでしょう。もちろん毎月テストを受験するということは並大抵の努力ではすぐに挫折することになってしまいます。そういう意味では必死に食らいついてきてくれる開智塾の優秀な全生徒には頭が下がる思いです。

私も頑張らなければなあーという思いを新たにする今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です