令和3年度の夏休みもあと少し・・・・

 令和3年度の夏休みがもうすぐ終わりますね。「東京オリンピック」があったという意味では特別で感動的な夏の側面がありますが、去年からのコロナ禍の継続という意味では残念な夏という側面もありますね。

 しかしクヨクヨばかりしていられません!もうすぐ夏休みが終わります。みなさん!宿題は終わりましたか?「ちび○○〇ちゃん」や「野比○○太くん」「いその○○オくん」みたいになっていませんか?余裕をもって宿題を終わらせましょうね!

 それに中学生のみなさんは宿題だけで息切れしていては困りますよ!!夏休み明けにはテストが待ち受けているんじゃないんですか?その準備はちゃんとしていますよね?あ!ごめんなさい!こんな質問「愚問」ですよね?「私を誰だと思っているの?」って状態ですよね?特に中3生は「第1回学力診断調査(以下学調)」があります。第1回学調の社会科なんてテスト範囲が非常にわかりやすい!ちなみに範囲は「地理・歴史の全範囲」です。なんとも分かりやすいですね。「あれ?テスト範囲どこだっけ?」なんて忘れることはまずないでしょうね。そしてこの学調は静岡県内の公立中学校の3年生は全員受験しますし全く同じ問題です。

 社会だけの話になってしまいますがこの科目は応用(っぽい)問題がたくさん出てきます。工夫がこらされた出題の仕方をします。例えば愛知県で行われた「愛・地球博」の年の問題に「中部国際空港(セントレア)は海上空港です。海上の埋め立て地に建設された理由を答えなさい」というものがありました。このように時事を絡めて基本事項を問うというスタイルの問題が多いです。「一問一答式」の問題ばかり解いてきた人は面食らってしまうスタイルかもしれません。しかし実は問われている内容は結構基本的なことという場合が多いです。ですから「愛・地球博なんて行ったことない!セントレアなんて知らない!」と嘆く前に問題文をしっかりと読んでみることをおススメしますよ!!ちなみに上記の問題の模範解答は「海上空港だと周りが住宅地ではないので騒音などの問題が解消できる。よって24時間営業も可能である。」という感じで答えてもらうと良いと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

割合