中央値と平均値

夏休みも終わり、休み明けでテストがあった中学校が多かったようです。個人票の結果とは別に素点の分布をヒストグラムにしてお知らせしている学校がいくつかあります。

平均点のみの発表ですとデータに偏りがある場合、平均点超えてるのに順位は下の方になってる!なんて事も有りうる訳ですから分布をグラフにして中央値との比較も考えるのは良い事だと思います。

ちなみに日本人の平均年収は約430万円ですが中央値は約370万円らしいです。一部の富豪が押し上げているわけですね。

平均の単元は小5、資料の活用という単元で中央値、最頻値、相対度数を初めて学習するのは小6です。中1でもう一度学習するのですが、小学校で学習する内容は年々難しく、重要度を増していると感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です